ジーニーランプ

『やりたい』を叶える力を育てていくクリエイターの遊び場

もうやめよう!「思い込み」とサヨナラする秘訣

time 2019/01/08

もうやめよう!「思い込み」とサヨナラする秘訣

私は、「思い込み」を手放したいと思っています。正確にいうと、『できない』という「思い込み」ですね。

なぜかというと、自分自身、「あなた自身の言葉」が一番あなたに作用するからです。パソコン教室のインストラクターをしている私は、よく生徒さんのこんな言葉を聞きます。

「はぁ、先生、私って全然覚えられないんですぅ。なんだかやになっちゃう。」「もう、私って本当に頭が悪いわぁ」

この生徒さんの『言葉』が、自分の能力に限界を定めていることに気づきましたか?だから、私の教室では、生徒さんの使う言葉にいつも注意を向け、こうした言葉を耳にした時は、それを打ち消すようなお話をします。

「あ、覚えられないんですね。でも、それ普通のことですよ。安心してください。実は、人間の記憶って翌日には74%のことを忘れてるらしいですよ。」

いわゆるエビングハウスの忘却曲線のお話です。
「だから、忘れてあたり前なんですよ。」と、こんな具合に。

こんな風に、私たちは「できない」ということに着目しがちです。実はその裏にこんなにも「覚えていた」という事実には焦点を当てずに、自分を貶めようとするんです。

この「できない」ことにフォーカスする人間の習性は基本変えることができないものだといわれています。じゃぁ、どうするのか?

それには、「いつも自分に問いかける質問を決めておく」ことのようです。自分を卑下するような感情が浮かんだら、「今私ができていることって何だろう。」「どのくらいできたのかな。」そして、できた自分を全力で褒めてあげる。

でも、一人だと「できた自分を全力で褒めてあげる、できない自分も認めてあげる」ことが難しい。だからこそ、自分自身を『承認』できないうちは、あなたのことを全力で『承認』してくれる人を見つけたら、「絶対に離れちゃダメ」なんです。

自分に良い質問を投げかけることも「習慣」。良い習慣を身につければ、人生は好転する。日々実践中です。

5+

down

コメントする