ジーニーランプ

『やりたい』を叶える力を育てていくクリエイターの遊び場

新しいことを始める時にやっちゃいけないたった一つのこと

time 2019/02/07

新しいことを始める時にやっちゃいけないたった一つのこと

キヅキで世界をツナグ 釣人デジ書家 ジーニー です。

私は新潟市でパソコン教室のインストラクターをやっています。今日もたくさんの生徒さんが、一生懸命に学びに来られます。

皆さん初めてのことを学びに来られるのですが、教室に来られる生徒さんのほぼ9割以上の生徒さんが、口に出すひとつの言葉があります。

「私ったら本当にすぐに忘れちゃって、駄目だわ。」

「何度も同じこと聞いちゃってごめんなさい。」

実はこれ、新しいことをチャレンジするのに、これだけはやってはいけないと言う一つの事をやっているのです。

新しいチャレンジをするのにやってはいけないたったひとつのこと

それは、「自分のことを責める」ということです。

新しいことをチャレンジすること、これには大きなエネルギーが必要です。

これズバリ落ち込んじゃいますよね。

このエネルギーが必要なことをやるのに、自分を責めてしまったら、自分の気持ちは高まりますか、それとも下がりますか?

気持ち下がりますよね。

つまり、「自分を責める」という行為は、エネルギーが必要なことをしようとしているのに、自分のエネルギーをわざと下げようとしているんです。

これをやってしまうと、あなたが目的に近づく速度は加速度的に遅くなってしまいます。

向上心のある人ほど、自分のことを責める

全く向上心のない人は、自分を責めるということ自体、ありえません。

なぜなら向上心のない人は、「俺なんか学ぶ必要ないし、だから今のままで全然構わないし、OK🙆‍♂️」だからです。

理想とする姿と、現実の間に、ギャップゼですよね。

これならば、自分のことを責めるなんてありえませんよね。

あなたがあなたのことを責めるというのは、新しいことにチャレンジしている、現状を何とか変えようとしている、その心意気のギャップなんです。

まずはここから。セルフケア

だからその時に、まずは、「自分がやろうとしていること、そのこと自体をきちんと認めてあげること」が何よりも大事です。

「仕事が忙しいのに、その時間を縫って、勉強しに来ている私ってすごい」

「できないことをやろうとしてる、勉強をしに教室に通えてる。だから、できないってことに、この違和感を感じられるんだ、成長しようとしてるんだ。私の心意気すごい」

そう言って、自分の気持ちを下げないこと。これは、自分の気持ちを高めることよりも、もっともっと大切なことです。

人と学ぶということ

でも一人で学ぶ、つまり独学で進めるというのには限界があると考えています。それは自分自身が、自分を責めているということ自体に気づかないことがあるからです。

独学ではなく、人と一緒に学ぶことには、そういった自分の考えの偏りに気づくという意味で、効果のある勉強法だなと最近感じています。

このブログを始めてから、多くの人にコメントをもらったり、「あの記事のこと、私も思ってました」なんて声をかけられることが増えました。

そのコメントの一つ一つが、新しい気づきを得られたり、新しい考え方を自分の中にインストールような感じで、日々アップデートを繰り返しています。

ジーニー バージョン 2.43ぐらいにはなってますかね🤣

読んでくれる皆さん、応援してくれる皆さんにただただ感謝です。ありがとうございます。

1+

down

コメントする