ジーニーランプ

『やりたい』を叶える力を育てていくクリエイターの遊び場

検索力を語る前に、IEを捨てEdgeを持て!

time 2019/02/10

検索力を語る前に、IEを捨てEdgeを持て!

キヅキで世界をツナグ 釣人デジ書家 ジーニーです。

まず、今日の話ですがパソコンの話です。スマホの人ごめんなさい。

検索力を知らなかったら人生の半分は無駄にしていた
この記事に、結構な反響をいただきました

この中で「ブラウザを選ぶことだって検索力」という話をさせていただきましたが、タイムリーにも「Microsoft が企業に Internet Explorer の使用をやめるよう要請」という記事が、出ていましたのでこれについてお話しします。

このニュースに対する、上記リンク「Engadget日本版」の記事の中ではこのように触れられています、

多くの一般ユーザーは頭に Windows 10の標準ブラウザである Edge への移行を済ませていると考えられるものの、企業や団体などではアップデートが提供されない業務用 Web アプリケーションを使い続けるために未だに IE を使い続けているケースもあります

Engadget日本語版「マイクロソフト、企業にInternet Explorerの使用をやめるよう要請。『IEは技術的負債もたらす』」

このブログでは、パソコン教室のインストラクターである私が噛み砕いてご説明する場として、個人向けのお話をします。

結論から言います

Windows10 をお使いで、この水色のアイコンを使っている方は、濃い色の良いのアイコンを使うようにしてください

多くの一般ユーザー!?

先の記事では「多くの一般ユーザーはどうに Windows 10の標準ブラウザである Edge への移行を済ませている」と書かれていますが、私の個人的感想では、そうでもないかな。と。

今でも、Windows 10でinternet Explorer をお使いの方が結構いらっしゃいます。Windows 7 や 8 からのアップグレードしたユーザーさんは、デスクトップに残ったinternet Explorer のアイコンを使って、未だに「インターネットを見るためにはこのアイコンを使う」と思っていらっしゃいます。

なぜ変えなければいけないのか

大改造‼️劇的ビフォーアフターって番組ありますよね。「えっ!?これってリフォームの域を超えてるよね!」という感想も持つ、アレです🤣

例えば、家のリフォームであれば増改築という手段で、新しくトイレを増やしたり、窓を2重サッシにしたり、別棟をくっつけたり、家を改造していきますよね。

ただ一方で、消防法が変わったり、耐震基準が見直されたりで、既存の設備をそのまま残すのが困難である場合があります。

つまり何が言いたいかと言うと、建て増し建て増しで開発元のmicrosoft が新しく作り直そうと入って新築したのが「Microsoft Edge」(エッジ)です。

一方、建て増し建て増しでこれ以上もうどうにもできない、「もうここは手放そう!」となったのが「Internet Explorer」(アイイー)です。

だから、個人でパソコンを使っているみなさんにお願いです。
あなたの家(IE)には水洗トイレは取り付けられません、すぐに辺境の地(Edge)へ旅立ってください!

じゃぁ、なんでIEが残ってんの?

僕の投稿では、一般の方向けの情報を発信していくので、技術的な説明はしません。

もう「ここに住み慣れちゃって、ここから離れられないんじゃ。」てなってるのが Internet Explorer なんです。

「ここには、ばあさんの思い出がいっぱいで手放せんのじゃ」

会社の中のシステム(おばあさんの思い出)などが、Internet Explorer の古い仕組みの中でしか動かないものがあるために、離れられなくなっている。だから、過去の遺産のために残されている機能、それが Internet Explorer です。

まとめ

個人的には、chrome か Firefox を使って欲しいのですが、これをどう入れたらいいのかわからないという人にとっては、まずは、Edge(濃い青色の e の方) を使うようにしてください。

4+

down

コメントする