ジーニーランプ

『やりたい』を叶える力を育てていくクリエイターの遊び場

良いコトバと悪いコトバと普通のコトバについて

time 2019/02/19

良いコトバと悪いコトバと普通のコトバについて

キヅキで世界をツナグ 釣人デジ書家 ジーニーです。

「あなたにとって、コトバってなんですか?」
僕にとって、言葉は「刃」であり「習慣」です!

問題提起

先日、友人がFBにこんな詩を投稿した。

【言葉は心】
言葉によって笑ったり
言葉によって傷ついたり
言葉によって癒されたり
言葉によって悩んだり
言葉によって嬉しくなったり
言葉によって落ち込んだり
言葉によって元気になり
言葉によって怒ったり 
言葉によって迷ったり
言葉によって救われたり
言葉は希望。言葉はチカラ。
言葉は武器。言葉は薬。言葉は刃。
言葉は道具。言葉は‥
あなたにとって
「言葉」って、なんですか?

コミュニケーション講師 岩村 剛

言葉は刃

この投稿に対して、「コトバは習慣です!」と即答した。

ただ後々になって考えてみると、「やっぱり言葉は刃だな。」とも考えてみた。

包丁の刃がそうであるように、 自分自身にその刃を向けてみる。

ぐっと力をかけてみる、 痛い傷つく。

包丁の刃を相手に向けて、 ぐっと力をかけてみる。

相手を深く傷つけてしまう。

その刃を 切り取りたい 事柄に向けてみる、 例えば めんどくさいという言葉で 切り取ってみる。

行動を起こせなくなる。

例えば どうやったら楽しくこの仕事をこなすことができるだろう というコトバで切り取ってみる。その瞬間 脳は この仕事を楽しくこなす方法を探し始める

例えば「お気に入りの音楽を聴きながらこの仕事を片付けてみよう!」だとか、「何分以内にこの仕事をこなせたら、俺って超イケてるよね!」 というゲーム性を持って取り組んでみる。 「新しいテクノロジーを 盛り込んでこの仕事したら 一挙に二つのことができちゃうよね。」とか。

刃を研ぐ

(7つの習慣にもあったな、「刃を研ぐ」)

そして切り取る時のコトバ は、
本を読むこと、
人に出会うこと、
難しいながらも自分を自分の言葉で表現をしていく
ということでどんどんどんどん磨かれていく。
それが、「発信」、「アウトプット」なんです。

コトバは目の前の事象を 切り取るためのツール

だから、コトバは刃であり、どの刃を使うのかは、どのコトバを選ぶかの習慣である。 これが、僕の今の言葉に対する解釈。

きっと、彫刻刀の一本みたいな感じだと思う。

1+

down

コメントする