ジーニーランプ

『やりたい』を叶える力を育てていくクリエイターの遊び場

空前のキヅキブーム到来⁉️

time 2019/02/26

空前のキヅキブーム到来⁉️

キヅキで世界をツナグ 釣人デジ書家 ジーニーです。

先日、 僕はいつも参加している隔週の朝活に行ってきました。
そこで、参加者からこんな発言がありました。
「 今ってある意味、 気づきブームだよね」 って。

私、「おおっ、ブームっていう表現!確かに確かに。」
何々して、気づきを得られた、 ハッとさせられた。 そんな体験を得ていく。 それも一つのブームなのかな。

このブームってどうやってやってきたんだろう

って、ふと思った。
「気づき」

今まで当たり前だと思ってたことが 実はそうではなかった(または、そうではなかったのかも)。 そういう捉え方もあるのか、そう捉えた方がいいよね!

それが、「気づき」。

昭和から平成に向けて、あまりにも「型で押し固められた、一つの成功パターン、幸せのパターン」というのがあった。それをメディアや、社会、家族などから(意図してか、そうでないのか)与えられて、ただそこに自分を当てはめる。 そういった生き方が幸せなんだと僕自身も信じてきた。

そういう考えに至った経緯、 そんなことは微塵も考えないで。
でも誰かが不意に呟いたんです。
「実は現実はそうじゃないよ」って。
 
情報とそれに対する解釈は、昭和・平成の終盤まで、メディアから与えられるものだった。 今は SNS で誰でもが発信者になれる時代。 人の思いと 技術の組み合わせが、この気づきブームを作った。そう考えてる。

抑圧されたエネルギー

今までは自分の考えを「発信する」ことを抑えてきた人は多いんじゃないかな。僕も実はそうだったりする。
 
自分の考えを、自分の周りの人にした時に、
「いやそうじゃないだろう」
「それは違うよ」
そう言われて、 いつしか発言することを控えてしまってないかな?

上司かな、親かな、パートナーかな。

意見を否定されたら、自分という人間自体を否定されたかのように思って、 自らの思考を停止してしまう。
 
そしていつしか自分が選んだのは、
誰かが作り上げた幸せ、 誰かが語ったゴール、
そんな、誰かに言われたままの人生を送ってしまう。

なぜならば、 そうした方が 楽だから
なぜならば、 そうした方が 自分が傷つかないから
なぜならば、 そうした方が、 人と意見が衝突しない方が、 幸せなんだ
と、いつしか自分の中で言い聞かせてきたからだ。

さぁ、動こう

でも twitter ができた、facebook ができた。
自分の思いを、そのまま受け取ってくれる人がいる。
世界は 70億人。 自分の周りの人?はインターネットの力で物理的な距離を超えてくる。
 
そこは社会だから、いい人間も悪い人間もいる。
「SNSは怖い」って?自分を押し殺してまで、今の環境を保ちたいのか、技術の世界に飛び込んで自分を認めてくれる存在を探しに出かけるのか?

僕は前者を選んだ。
さぁ、キミはどっちを選ぶ?もちろん、どっちも!ってのも正解。
 
さぁ、発信しよう。
話はそこからだ。

2+

コメント

  • 私もそう思います。抑圧されたエネルギーはあらぬ方向へ向かう場合があります。それが上司と部下の不健全な関係であったり、夫婦仲であったり、いじめであったりするのでしょうね。
    自分で自分を表現できる人が増えれば未来は明るくなります。そしてわたしもそうなっていきたい、そうなりたいと思いました。

    0

    by アキト €2019年2月28日 12:43 午後

    • アキト、コメントありがとう!
      「自分で自分を表現する」。今はそれができるようになった、幸せな時代です。
      そうなりたい、そう望んだらすぐにでもなれるよ!

      0

      by ジーニー €2019年3月1日 8:53 午前

down

コメントする