ジーニーランプ

『やりたい』を叶える力を育てていくクリエイターの遊び場

新時代に持っていくもの、おいていくもの

time 2019/04/30

新時代に持っていくもの、おいていくもの

更新さぼっていましたが このブログが死んだわけではありません。

さて平成も残るところあと 2時間、
皆さんの平成はどんな時代だったでしょう。
 
気づけば大きく変わったもの、
それほど多く変わらなかったもの、
色々ですね。

平成が始まった時、 僕は中学生でした。
昭和天皇の崩御 で始まった平成は、悲しみからのスタートでした。

ほぼ唯一の国民のメディアとも言えるテレビは、
すべてが天皇崩御のニュース。 暗い気持ちを紛らすために、
人々が求めたものは レンタルビデオでした。

町中のレンタルビデオ店から ビデオというビデオが消え
人々は明るいニュースを求めてるように思いました。

これは今も変わらないですよね。
テレビをつければ暗いニュースばかり、
明るいメディオを求める人々は、YouTube というメディアに走ります。

電車の車内広告で

さて先日東京に行った時に、
電車の車内広告 に目を惹かれました。

私も利用している住信 SBI ネット銀行の 車内広告です。
そこにはキャッチーでセンセーショナルなタイトル
「銀行に行くのは平成で終わりにしよう」
の文字が。

これを銀行が掲げるその意味。

我々は長く 同じ仕事を続けていれば 生活をしていける。そんな時代を過ごしてきました。 でもこれからは、 同じことをし続けるのであれば、それは AI やロボットができる時代 になるのです。

だから進んだ考えを持つ 銀行さんは銀行が持つべき 役割というもの
それを考え始めてるのかもしれません。

僕はその中で、 これからはただパソコンを教えるのではなく、
AI やロボットと共存しながら、 令和の時代を生き抜いていく
術を教える パソコン教室 を目指していく必要があるのかもしれません。

パソコンを習いながら、 心の勉強ができる そんな教室を目指してます。
釣り好きの書道家が、人の心に寄り添い、パソコンを教える。
そんな変な教室も、ちょっと面白いでしょ?

1+

down

コメントする